「ふるさと」の発想 - 西川一誠

西川一誠 ふるさと

Add: aqaloter86 - Date: 2020-11-27 02:06:08 - Views: 139 - Clicks: 6659

元をたどれば、福井県知事の西川一誠による発案で、そこに総務大臣として初入閣した菅が飛びついたわけだ。が、実は西川の直伝でもない。 「菅さんにふるさと納税を授けたのは、元財務官僚の高橋洋一さん(65)でしょう。. 「ふるさと」の発想 - 地方の力を活かす - 西川一誠 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 西川 一誠; 出版社. 「ふるさと」の発想 地方の力を活かす (岩波新書 新赤版) 著者 西川 一誠 (著) 苦境に立たされる地方をどう立て直すか。「ふるさと納税」など独自の政策提案で注目を集める福井県知事が「新しいふるさと」という考えを提唱。.

実はふるさと納税は「国」ではなく、「地方」からの提案で誕生したもので、その発案者が福井県の西川一誠知事なのだ。西川知事に、制度. 岩波書店. 西川一誠 著作 共著『「ふるさと」の発想:地方の力を活かす』岩波書店、年(新書)『地方税における所得課税』第一法規出版、1982年『桐の花』「桐の花」刊行委員会、年編著『地方税取扱いの手引 平成5.

【中古】 「ふるさと」の発想 地方の力を活かす / 西川 一誠 / 岩波書店 新書【メール便送料無料】【あす楽対応】 0. 西川 一誠(にしかわ かずみ(いっせい)、1945年 1月2日 - )は、日本の自治 官僚、政治家。 前 福井県知事 (4期)、 関西大学 政策創造学部 客員教授 。. 「ふるさと」の発想 : 地方の力を活かす / 西川一誠著 資料種別: 図書 「ふるさと」の発想 - 西川一誠 出版情報: 東京 : 岩波書店,.

1945年生。京都大学法学部を卒業後、旧自治省から福井県副知事を経て、年同知事に初当選、年まで四期務めた。いわゆる「ふるさと納税」制度の発案者. Amazonで西川 一誠の「ふるさと」の発想―地方の力を活かす (岩波新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。西川 一誠作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 「ふるさと」の発想―地方の力を活かす (岩波新書) 西川 一誠 | /7/22. 7 岩波新書 新赤版 1195. 【10点購入で全品5%off】。【中古】「ふるさと」の発想 / 西川一誠. 西川一誠ニシカワイッセイ 福井県知事。1945年福井県生まれ。1968年京都大学法学部卒業、自治省入省。自治省企画課長、国土庁長官官房審議官(防災担当)を経て、1995年福井県副知事。.

Amazonで西川 一誠の「ふるさと」の発想―地方の力を活かす (岩波新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。西川 一誠作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 西川 一誠『「ふるさと」の発想―地方の力を活かす』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約24件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 「ふるさと」の発想 : 地方の力を活かす 資料種別: 図書 責任表示: 西川一誠著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 岩波書店,. ふるさと納税が地方にもたらしたモノとは? ふるさと納税は、年度に創設された。制度開始から10年。もはや定着した制度と言えるだろう。制度が導入された背景には、地方から都市への人口流出が止まらない事情があった。人口流出は過疎化を招き、地方の疲弊感を強めた。人口減少が. 西川 一誠(にしかわ かずみ(いっせい)、1945年1月2日 – )は、日本の政治家、自治官僚。 福井県知事(3期)、関西大学政策創造学部客員教授。 >年の税制改正に盛り込まれた、いわゆる「ふるさと納税」制度の発案者である。. 「ふるさと」の発想 : 地方の力を活かす. 『「ふるさと」の発想—地方の力を活かす(岩波新書)』 (西川一誠、岩波書店、778円) (画像=Webサイトより、画像をクリックするとAmazonに飛び.

『「ふるさと」の発想―地方の力を活かす (岩波新書)』(西川一誠) のみんなのレビュー・感想ページです(14レビュー)。作品紹介・あらすじ:雇用の崩壊、地域産業の衰退、加速する高齢化、過疎化。苦境に立たされる地方をどう立て直すか。「ふるさと納税」など独自の政策提案で注目を. 「ふるさと」の発想 西川一誠著 ここ暫くブログ更新が出来なくて、どうしたのかと訊かれる。 実は偶然目にして買い求めた標記の著書についての感想が、中々、纏まらなかったのである。. See more videos for 「ふるさと」の発想 - 西川一誠. 西川一誠氏 西川一誠〔〕『「ふるさと」の発想―地方の力を活かす』岩波新書 黒田成彦氏 黒田成彦〔〕『平戸市はなぜ、ふるさと納税で日本一になれたのか?』kadokawa 三神万里子氏.

「ふるさと」の発想-地方の力を活かす―――西川一誠 著; 介護はプロに、家族は愛を。 生活保障 ――― 宮本太郎 著 「ボランティア~もう一つの情報社会~」----- 金子 郁容 著 「フードバンクという挑戦 ~貧困と飽食のあいだで~」--- 大原 悦子 著. 「ふるさと」の発想 : 地方の力を活かす フォーマット: 図書 責任表示: 西川一誠著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 岩波書店,. 【送料無料】。【中古】「ふるさと」の発想 / 西川一誠. 【文献解読】西川一誠:「ふるさと」の発想 原典名:西川一誠『「ふるさと」の発想――地方の力を活かす』岩波書店. 「ふるさと」の発想 地方の力を活かす - 西川一誠/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 都市と地方の格差が叫ばれて久しい。雇用の崩壊、地元産業の衰退、限界集落の増加。福井県知事として県政に携わる著者は、地方の疲弊を. 元をたどれば、福井県知事の西川一誠による発案で、そこに総務大臣として初入閣した菅が飛びついたわけだ。 が、実は西川の直伝でもない。 「菅さんにふるさと納税を授けたのは、元財務官僚の高橋洋一さん(65)でしょう。. 「ふるさと」の発想 : 地方の力を活かす 西川一誠著 (岩波新書, 新赤版 1195) 岩波書店,.

年4月から4期16年にわたって福井県政運営を担ってきた西川一誠知事(74)が4月22日、4期目の任期を満了した。退任式で「きょうで初登庁から. 西川一誠・福井県知事が岩波新書「ふるさとの発想」を上梓したので、さっそく読んだ。 「はじめに」で、年知事選挙の選挙カーからみた様子が語られている。なぜ選挙カーなのか。「あとがき」は、「知事になって、ふるさとの風景が変わっていった」ではじまり、「それまで、何の気. 西川一誠著『「ふるさと」の発想_地方の力を活かす』。 著者は自治省の役人から、福井県副知事を経て、現在知事をなさっているかた。 「ふるさと納税」 の提案者として知られる方です。. 【文献解読】西川一誠:「ふるさと」の発想 原典名:西川一誠『「ふるさと」の発想―地方の力を活かす』岩波書店、年。〔目次〕 第1章:地方は今. 過熱する返礼品競争に揺れるふるさと納税。このほど提唱者の西川一誠福井県知事の呼びかけで全国27の自治体が集まり、原点に戻ろうと訴えた. 00 (0件) 商品詳細. 西川 一誠(にしかわ かずみ(いっせい)、1945年 1月2日 - )は、日本の自治 官僚、政治家。 前福井県知事(4期)、関西大学政策創造学部客員教授。.

「ふるさと」の発想 - 西川一誠

email: urehela@gmail.com - phone:(948) 825-6973 x 4236

うさぎのしま - 吉崎正巳 - フェイスブック デビッド

-> 「乳がん」といわれたら 乳がんの最適治療 2014~2015 - 日経ヘルス
-> 一発逆転の殺人 - 浅利佳一郎

「ふるさと」の発想 - 西川一誠 - 栗原俊雄


Sitemap 1

示説腰椎椎間板障害 - 辻陽雄 - 足のむくみ 抜け道血管 が原因だった こむら返りは