狂気の愛 - アンドレ・ブルトン

アンドレ ブルトン 狂気の愛

Add: tiqen93 - Date: 2020-12-05 11:30:41 - Views: 260 - Clicks: 6971

読書日記 「狂気の愛」 ブルトン 作 (光文社古典新訳文庫) 次から次へと女性に惚れ込んだ恋多き男アンドレ・ブルトン。それでも自分はこの人物に誠実さを感じる。この著作は数編のエッセイを集めたもので、恋の話で一貫しているわけではな. たとえば『ナジャ』(1928)や『狂気の愛』(1937)といったブルトンと同一人物と 考えられる「私」の記録は、この主題をよく表している。そもそも『ナジャ』は、ナジャ という女性とブルトンの出会いから別れまでを描いた物語としてだけではなく、「私. アンドレ・ブルトン(Andr&233; Breton, 1896年 2月19日 - 1966年 9月28日)は、フランスの詩人、文学者、シュルレアリスト。 ちなみに、誕生日については、ブルトン自身しばしば2月18日とも公言しているが、それは「詩的」な意味でのことで、書類などでも2月19日生まれとはっきり記されている。. 河出書房新社 (著) アンドレ ブルトン (原著) Andr&180;e Breton (翻訳) 巌谷 国士.

アンドレ・ブルトン『狂気の愛』思潮社、1988 (シュルレアリスム文庫) ジョゼフ・デスアール、アニク・デスアール『透視術 予言と占いの歴史』阿部静子共訳 白水社、 文庫クセジュ; 参考 「エグルティエール家の人びと」訳者紹介. 老いた耽美家にして、キリストの頭をしたえせ革命家、雄牛のブルトンここに眠る。口いっぱいにきれいごとを頬張った男は、人間ではなく牛だ。坊主だ。さもなければ、名づけようもない生き物、髪ぼうぼうの痰壺頭の動物、去勢されたライオンだ。――G・バタイユ アンドレ・ブルトン. 狂気の愛 (光文社古典新訳文庫) シュールレアリスムの中心的存在、アンドレ・ブルトンの代表作。 20年以上前に読んで、「なんだかよくわからないけど凄い」と思ったことだけは覚えている。. というテーマはフーコーのと通底する。絶対的な愛が現実に打ち克つ愛の栄光を止揚する。 a253: シュルレアリスムとは何か新装版「シュルレアリスム文庫」 アンドレ・ブルトン/秋山澄夫訳: 思潮社: 1994 初版 ,100: 程度A、帯 ,500. (7/20時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:キョウキ ノ アイ|著者名:アンドレ・ブルトン、笹本孝|著者名カナ:ブルトン,アンドレ、ササモト,タカシ|発行者:思潮社|発行者カナ:シチヨウシヤ|ページ数:177p|サイズ:20x14】. アンドレ・ブルトンの「狂気の愛」を買書つんどく。 「「愛のどんな敵も、愛がみずからを讃える炉で溶解する」。難解で詩的な表現をとりながら、美とエロス、美的感動と愛の感動とを結びつけ、執拗に考え抜く。その思考実験の果てに、あまりにも美しい娘(と妻)への、究極の愛の手紙.

Webcat Plus: 三極の星 : アンドレ・ブルトンとシュルレアリスム, 堕天使ルシファーの反逆の光が照らす三つの道-自由・愛・詩-が交錯し、ただ一つの星のように輝く。『狂気の愛』の「稲妻のきらめき」に導かれたパスが、ブルトンとシュルレアリスムに捧げる頌歌。. アンドレ・ブルトン、『秘法十七』(入沢康夫訳)、人文書院、1993年。 秘法十七という数字はタロットで復活を表すそうだ。復活というのは、1944年に書かれたことからして、レジスタンスによるフランスの解放を指しているのだろう。 フランス語の原書の表紙には、ブルトンの四大傑作として. ご覧いただきありがとうございます。狂気の愛 アンドレ・ブルトン著 光文社古典新訳文庫 年の出品です。ブルトン自身の進行中の体験をもとにした、愛に対する痛切な讃歌であり、また煌めくイマージュに充ちた、生の再創造の讃歌でもある。. 狂気の愛 - ブルトン/著 海老坂武/訳 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選び. 「狂気の愛」文庫本の最後で 訳者海老坂武氏が解説しているが. とのないまま一人歩きしているきらいがあるが、ブルトンは『ナジャ』の出版 から数年後の1934 年に、後に『狂気の愛』に収録されることになる、「痙攣的な 美」を分析するテクストを『ミノトール』にて自ら発表する4。そこでは「痙攣的. 狂気の愛(光文社古典新訳文庫) 文庫の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ.

もっと詳しく ¥ 29,400: 9: 狂気の愛 思潮社 (著) アンドレ ブルトン (原著) Andre Breton (翻訳) 笹本 孝. ブルトンの手法を完璧に凝縮した最高傑作。「ナジャ」「通底器」に比肩される「狂気の愛」は、その難解さのゆえに、本邦初訳を本書の出現まで待たねばならなかった。フーコーの「狂気の理性」に通底. アンドレ・ブルトン 主な訳書一覧 『シュルレアリスム宣言』『シュルレアリスム宣言・溶ける魚』巖谷國士(岩波文庫)、旧版は学芸書林『超現実主義宣言』生田耕作(中公文庫)『シュールレアリスム宣言集』森本和夫(現代思潮新社)『シ.

アンドレ・ブルトン シュルレアリスム宣言 1924年作。シュルレアリスムを運動として組織し、拡大させるきっかけとなった書物。もともと『』は、自動記述による物語集『溶ける魚』の序文として書かれて. アンドレ・ブルトン 『狂気の愛』 笹本孝 訳 シュルレアリスム文庫 思潮社 1994年7月1日 新装版第1刷発行 177p 四六判 丸背紙装上製本 カバー 装幀: 芦澤泰偉 Andr? 『狂気の愛』は、愛の囚われ人――愛に仕える者としての自己の全体を描いているだけでなく、文学観、芸術観、世界認識、行動の論理の全体を呼び寄せ、再検討するテクストとなっている。 本書解説より『狂気の愛』、アンドレ・ブルトン著、光文社古典新訳文庫フランスの詩人・批評家. 小説・エッセイ / 文庫. アンドレ・ブルトン(Andr&233; Breton, 1896年2月19日 - 1966年9月28日)は、フランスの詩人、文学者、シュルレアリスト。ちなみに、誕生日については、ブルトン自身しばしば2月18日とも公言しているが、それは「詩的」な意味でのことで、書類などでも2月19日生まれとはっきり記されている。. アンドレ・ブルトン「ナジャ」巖谷國士訳 とりあえずまず最初の感想をば! 以下は週末読書会参加の、私のアウトプット用の事前メモです。 このメモを膨らませてアウトプットの予定なので、意味不明(かも)ですm(__)m 参考―サイトより抜粋― 国立国会図書館の検索・申込システムです。 登録idでログインすると、複写サービス等を利用できます。 (登録について.

アンドレ・ブルトンの詩的世界 (慶應義塾大学法学研究会叢書)/朝吹 亮二(小説・文学) - 「溶ける魚」「地の光」「水の空気」「狂気の愛」といった、シュルレアリスムの創始者・ブルトンの詩を「自動記述」を軸に読み解きながら、その詩的イ. 『狂気の愛』 : BK050131 | 著者 アンドレ・ブルトン 翻訳 笹本孝 装幀 芦澤泰偉 発行所 思潮社 シリーズ シュルレアリスム文庫 発行年 1994年 1刷 言語 日本語 図版 モノトーン|写真 フォーマット 四六|ハードカバー ボリューム 177ページ サイズ 195mm &215; 135mm &215; 22mm 構成 1冊 付属. -アンドレ・ブルトンとシュルレアリスム-. 「ナジャ」は1928年に刊行されたアンドレ・ブルトンの二冊目小説。シュルレアリム運動を代表する作品の1つ。 ナジャは「私はだれ?」とい問いかけで始まり、偶然の出会いや偶然の一致を事例を列挙していく第一部、パリの路上で偶然知り合ったナジャという女性との交際の二部で構成されて. 「アンドレ・ブルトン集成」は完結に至りませんでしたが、収録を予定された作品のうち、『狂気の愛』は思潮社から(のちに『カラマーゾフの兄弟』をベストセラーに仕立て上げた光文社古典新訳文庫にも収録)、『秘法十七』は晶文社、のちに人文書院から、『シュルレアリスムと絵画』は. 自己を余すところなく開示する ブルトンの透明さの強さと真実さである。 私たちは楽観的な友愛に満ちた言葉と、 虚飾のない戦闘的な言葉を 「狂気の愛」から何度でも取り出すことが出来る。.

狂気の愛/アンドレ・ブルトン。古本買い取り、古書古本 夏目書房ホームページ。店舗は神田神保町のボヘミアンズ・ギルドと池袋の夏目書房本店にて営業。. 【中古】 狂気の愛 光文社古典新訳文庫/アンドレブルトン【著】,海老坂武【訳】 【中古】afb. Breton : L'amour fou, 1938 図版(モノクロ)8点。 画像 目次:. 堕天使ルシファーの反逆の光が照らす三つの道――自由・愛・詩――が交錯し、ただ一つの星のように輝く。『狂気の愛』の「稲妻のきらめき」に導かれたパスが、ブルトンとシュルレアリスムに捧げる頌歌。. アンドレ・ブルトン / 笹本孝.

狂気の愛 (光文社古典新訳文庫) シュールレアリスムの中心的存在、アンドレ・ブルトンの代表作。 20年以上前に読んで、「なんだかよくわからないけど凄い」と思ったことだけは覚えている。 今回、古典新訳で読み返してみて、まずわかりやすさに驚いた。. 狂気の愛 アンドレ・ブルトン 訳/海老坂 武 昨年 warmgunさん から教えていただいて 期待し、待ちわびていた1冊 狂気の愛 - アンドレ・ブルトン 読解力が足りなすぎたのか 一気にのめりこむ、という風には読めなかった でも、むしろ、当然かもしれない だって、アンドレ・ブルトン. シュルレアリストの「帝王」、アンドレ・ブルトンの詩の世界を読み解く。 『地の光』、『溶ける魚」、『狂気の愛』、『水の空気』、ジョアン・ミロとの共作『星座』、『磁場』などを精読しながら、謎めいた詩的イマージュに迫る、ブルトン詩研究の集大成。.

アンドレ・ブルトンの『狂気の愛』の最終章、16歳に成長している未来の娘に宛てて書いた手紙の最後の一行が本作の原題です。 ウニー・ルコント監督は、「この映画を作ることに力を与えてくれた、支える力になってくれた大事な言葉です」と. アンドレ・ブルトン / 海老坂武. ナジャ アンドレ・ブルトン作 1928年 ︎本稿ではあらすじ、本書の登場人物、作者の紹介は行いません。 本書の中で私が主題に関係すると思った箇所、難解だと感じた箇所を考察しており、主に本書を一読された方を主な対象としております。 また、メモ帳形式となり見にくい箇所もございます.

アンドレ・ブルトンの「狂気の愛」--予言詩『ひまわり』の解読: 著者: 藤本 恭比古: 出版地(国名コード) jp: 注記 記事分類: 文学・語学--欧米文学--フランス文学 出版年(w3cdtf: ndlc: zv1: 対象利用者: 一般: 資料の種別: 記事・論文: 掲載誌情報(uri形式). ランボーとブルトン ——&171; changer la vie &187;をめぐって—— 高木 一敏 序 「(人)生を変える」(1)。この言葉は、二人の才能豊かな詩人の間を駆け抜け ていく。一人はアルチュール・ランボー()、もう一人はアンドレ・ ブルトン()である。.

狂気の愛 - アンドレ・ブルトン

email: mequgi@gmail.com - phone:(187) 899-3521 x 4523

夏目友人帳 2012カレンダー - 吉崎正巳 うさぎのしま

-> 日米「逆」の発想 - 脇阪昭
-> 札幌・小樽・函館 ’97

狂気の愛 - アンドレ・ブルトン - 中野卓著作集生活史 シリーズ ヒストリー


Sitemap 1

『名探偵コナン』の謎~17年目の真実~ - 『名探偵コナン』の謎制作委員会 - Happy mamiaoyagi Baking